ついに親に告白します

投稿者: | 2020年12月5日

親にいいます

メールレディのお仕事を始めてもう2ヵ月以上くらいたちます。

エロチックな画像とか動画を送信するようになって、嬉しいことに常連客ができました!

本当に嬉しいです。

前回でてきた男性で、初めてわたしのおっぱいを見せた人とかその他もろもろ。笑
みんなわたしの下着姿がかなりスキみたいで、しょっちゅうせがんできます。

「巨乳好きにはたまらないよ!」
「他の女の子ともメールしているけどメイちゃんのおっぱいは別格だね」
「やっぱり最高!」
「今度は上下に揺れている動画が見たいな」

みたいな内容ばっかりですが、わたしもエロ画像と動画で稼げる感覚が好きでついつい送信しちゃいます。笑

大きさはあるんですが、形に自信がありませんでした。
でもそんなことは気にしていないみたいで、とりあえずおっぱいが見たいだけみたいです笑

そんなやりとりを続けていると、やっぱりいつもより稼げるようになるわけでして。

そこで問題になってくるのが、扶養問題なんです。
バイトもしているから、月に8万円以上稼げません。

でも先月メールレディとバイトを合わせて10万円に…汗

絶対年末調整でバレるので、扶養主である母親に正直に話すことにしました。

10万円で半分は来年の学費に消えますが、そもそも稼いだこと自体が問題なので…。

めちゃくちゃ緊張しました。
うちの母親は結構厳しい人なので、わたしがこんな仕事をしているって知ったらすぐに辞めろって言われてしまうんじゃないかって。

扶養抜けることになったら自分でなんでもしなくちゃいけないから、本当にイヤなんです。

だって普通に考えてめんどくさいじゃないですか。
社会保険に入っているわけでもないのに…。

うちは父親がもういない家族なので、まだましかも。
だって同性に話すのはいいけど、仮にも異性である父親にこんな仕事をしているなんて言えませんよ。
離婚家庭だし、もう連絡はいっさいとっていないのでそこの心配をする必要はありませんでした。

それで、母親に教えた結果なんですが…。

なんとあっさり了承してくれました。

意外すぎて聞き直しましたもん。

母親が承諾した理由は「もうあんた21歳なんだから自分のことは自分で決めなさい」
とのことでした。

いわゆる「もう子供扱いしない代わりに責任はとりません」っていうことらしいです。

でもまだ学生のうちは扶養内でちゃんと働けって言われちゃいました。笑

内容を細かく聞かないのかって聞いたんですが、前の職場にわたしと同じことをして稼いでいる人がいたらしいです。
だから何となく業務内容は分かっているって言われました。

母親がメールレディについて知っているなんて正直ビックリしました。

女性のなかには結構知っている人がいるのかもしれないですね。

自分の親にメールレディのことを話すなんて、とっても勇気が必要でしたが理解のある母親でよかったです。

友達はわたしと同じで母親に話したらしんですが、
「気絶しそうになっていたよ」ってさらっと笑いながら言っていましたね。
あの子は神経が図太いので、母親の反応を逆に楽しんでいたみたいです。
わたしにもそのメンタルが欲しいですよ…笑